Skip to content

昔は

機密文書の処理は業者に頼めば安全です【安心できる機密文書処理業者の選び方】

これを読んでいるみなさんは、バブル時代を知っていますか?

バブル時代・・・それは日本がいまだかつてない好景気の時代を迎えていたときです。どんな人でもたくさんのお金を持っていて、不景気なんて「ええ?なにそれ??」という時代でした。当時は、マンション一億が「やすい!!今すぐキャッシュで買う!!」という時代だったのです。
今では考えられない時代ですね!!

しかし、そんなバブルもはじけてしまい、日本は一気に不景気となりました。その不景気の風は、今も日本全体を大きく覆っているような気がします。たしかに儲かっている会社の中にはあります。しかし、その分、いや、それ以上に赤字だらけの企業があるのです。
ですから、常に倒産予測をたてておくことが大切です。

そんな中でも特に倒産予測を建てていただきたいのが、営業職に就かれている方たちです。新規営業をかけている方も、そして既存営業をかけている方も、クライアントの倒産予測をたてておくことは大切です。今の時代は、いつ、どんなときに会社が倒産するかわかりません。
まさに、一寸先は闇、なのです。

しかし、何も材料がなければ倒産予測などしにくいですよね。そんなときに役立つのが与信です。与信というのは、帝国データバンク企業などが出している企業情報です。これを与信と呼びます。しっかりと与信管理をしていれば、どんな人でも倒産予測が立てやすいです。
与信管理をすることで、余計な手間を取られずに済むでしょうし、事件にも巻き込まれにくいかと思います。ですから、営業職についている方は、必ず与信管理をしっかりと行いましょう。

今日は、倒産予測をするためにも、そして自分の企業を守るためにも、与信管理の仕方についてご説明していきたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいね!!